FC2ブログ

Entries

自分が父のように急死するということ


自分の父親は、今の世間ではまだまだ若い、と言われる年齢で急死した。テレビなどでは、御主人やお父さんが早くに亡くなって・・・という番組に反応するようになってしまった。この前などは、死後のお墓や供養の特集をやっていて、ああ、そんな年齢になったのだなあと感じる。葬式やお墓、自分が死んだ後の供養をどうするかは、けっして遠い未来の話ではないのだと痛感する。人間、自分だけは永遠に死なないと勘違いしている人が大...

父親が急死した場合の仏壇等の準備について


知り合いでも、御病気がちだった父親が急死された方がおられた。1週間ほど仕事を休まれて、葬儀などや後処理などに追われていたようだが、まだまだ心の整理がつかないという。私の子供も、急死から数年たった今でも、祖父の写真を見ると、いまだに号泣してしまう。数年間たっても、ふとした拍子に思い出すことが時々ある。父親がもうこの世にいない、ということが、これだけの期間が経過しても、まだまだしっくりとこない。事実と...