FC2ブログ

Entries

自転車でも交通事故で急死する


自転車に関する道路交通法がきびしくなってしばらくたったのであるが、自転車に乗りながらスマホをみているバカ、道路の右側を逆走しているバカ、しかも並走しているバカが、まだまだたくさんおります。

少し前ですが、道路の右側の歩道を自転車で並走しながら逆走している学生と、道路交通法どおりに道を自転車で走っている男性のペダルが接触し、男性が激しく前転しながら転倒。学生はそのまま行き過ぎようとして・・・という場面に遭遇したことがある。その後、どうなったかは、こちらも用事があったのでその場を離れたので、わからないが。




道路交通法どおりに車道の左側を走っていて、自動車に幅寄せされたり、クラクションを鳴らされたりすることも多くなった。逆に車を運転する立場になると、車道を走っている自転車のそばを通るのは神経を使うのも事実。よくあるのが、左折してくる自動車が巻き込み確認をせず、信号に従って道路を横断しようとした自転車にあわててクラクションを鳴らす、という場面にも出くわす。クラクションを鳴らすひまがあったら左方確認をすればいいのにと思うのであるが。

歩行者として歩道を歩いていると、後方から来た自転車にベルを鳴らされることも珍しくない。多くは年配の方であるようだ。親切心から鳴らしているのだろうが、退け退けという意思表示にしか感じられないのは、心が小さいからか?私は、いったん自転車を降りてかわすようにしている。

自転車と自動車がケンカしたら、自転車はひとたまりもない。
自転車と自転車がケンカしても、どちらかが傷つく。場合によっては急死する。
自転車と歩行者がケンカしても、どちらかが傷つく。多くは歩行者側だろうが、場合によっては急死する。
スポンサーサイト